赤痢

llll.gif

下痢は、多くの場合は暴飲暴食や冷え、食あたりなどが原因で起こります。
消化器系の慢性の病気や伝染病の症状としてもみられます。

考えられる病気として、過敏性腸症候群、食物アレルギー、赤痢などがあります。


赤痢は、突然発熱があり、さし込むような腹痛、下痢、嘔吐が起こる。はじめは便がやわらかくなる程度だが、しばらくすると、うみや血液が混ざり、一日に何十回もの下痢が続き、脱水症状となる。
また、顔面蒼白になったり、けいれんを起こすこともあります。