弛緩性便秘

llll.gif

弛緩性便秘とは、高齢者や内臓が下垂ぎみの人のなかで、腸そのものがたるんでおり、排便機能が低下している場合に起こりやすい状況です。

弛緩性便秘は、主に筋力(特に腹筋)の低下により、腸の動きが悪くなることが原因で、高齢の方やお産を経験した女性に多く現れる症状です。
しかし、最近は、体力の無い若い女性にも見られるようになりました。

腹筋をつけると同時に、食物繊維を多く取ったり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてみることが必要です。