けいれん性便秘

llll.gif

便秘とは、便が大腸のなかに停滞したまま排せつされない状態をいい、習慣性便秘・弛緩性便秘・けいれん性便秘の三つに大別されます。


けいれん性便秘は、ストレスなどで、腸を動かす自律神経が異常に興奮して腸がけいれんを起こし、便の通過が妨げられ、便の水分が腸壁に吸収されて、鉛筆状に細くなったり、ウサギの糞のようなコロコロとした便になってしまうタイプをけいれん性便秘と言います。

おなかがゴロゴロ鳴る、丸いコロコロした便が出る人は、このタイプかも知れません。
仕事や人間関係などのストレスが続くと起こりやすく、働く女性に増えてきています。

この急性の便秘になってしまうと、便秘が続くだけでなく、便秘と下痢を繰り返すといった事になるケースもあるようです。