ニキビを殺す新三種の神器 ?!

llll.gif

核酸(RNA/DNA)

身体に必要な栄養素と、取り入れてはいけない毒素を見分けるセンサーの働きをするのが、腸管。
美肌もニキビも肥満も、じつは腸がキーを握っているといえるのです。
核酸は、かたよった食事や便秘、貧血などの悪影響から腸を守り、腸管の新陳代謝を活発にしてくれます。また、肝臓の解毒機能を助ける働きもあるのです。

レシチン

あごの回りや裏側の深くこもったニキビが治らないあなた、もしやチーズなどの乳製品、ナッツ類、卵類が好物では?コレステロールなどの悪玉脂肪が代謝できないことも、大人のニキビの原因といえます。
このタイプに有効なのが、大豆から抽出されるレシチン。脂肪を乳化する働きで、ドロドロの血液をサラサラにする効果もあります。

ビタミンB群

「美肌のビタミン」とまでいわれるほど、皮膚や粘膜の働きに影響を及ぼすのがビタミンB群。
脂質の代謝、糖分の代謝に効果的だから、あぶらっこい食べものが好きな人、甘いものをたくさん食べた日には、きちんと摂るように心がけることが必要です。
ビタミンB群が多く含まれる食品はレバー製品や豚肉、のり製品などです