慢性腹膜炎

llll.gif

慢性腹膜炎は慢性の経過をたどる腹膜炎で、そのほとんどが結核性(けっかくせい)腹膜炎です。
慢性腹膜炎の症状は腹痛、発熱、全身倦怠感などです。

抗結核薬の投与で治療しますが、腸内容の流れがわるい場合は手術が必要です。

結核性腹膜炎では、全身症状として微熱、食欲不振、全身の倦怠感(けんたいかん)がみられます。
腹部症状としては腹部膨満感(ぼうまんかん)、腹痛、腹水が現れます。
腹痛は軽度のものが長期に続き、圧痛は腹部全体にあります。腹水は、病初期からしばしば現れます。