にきび・にきび跡の種類

llll.gif

にきびといっても様々なタイプがあります。
にきびには4種類あります。

「白にきび」「黒にきび」「赤にきび」「黄ニキビ」という4タイプに分類されます。

「白にきび」「黒にきび」「赤にきび」・・
小さいものから大きいものになっていくうちに白にきび→黒にきび→赤にきびと成長していきます。

赤にきび
赤にきびは、皮脂の分解成分である遊離脂肪酸などによって炎症がおこり、毛包付近が赤くはれた状能になることを言います。

白にきび
白にきびは毛穴の入り口の角質が厚くなって毛包内に皮脂がたまり、外から中が白く見える状態です。

黒にきび
黒にきびは、毛包の入り口にごみなどの異物が詰まり、詰まった皮脂が酸化して黒く見える状態のことを言います。


いったん化膿や炎症が起きてしまうと、白血球がにきび菌を攻撃することにより、周囲組織が傷害され、にきび跡ができてしまうのです!

また黄にきびについては、ブドウ球菌により毛包付近が化膿し、黄色にはれている状態のことを指します。