大腸がん治療法①

llll.gif

大腸がん内視鏡的治療

内視鏡で観察し、ポリープがあれば切除します。

茎のあるポリープはスネアと呼ばれる針金を、首の部分に引っかけ電気で焼き切ります。
この方法をスネアポリペクトミーと呼びます。

無茎性、つまり平坦なポリープの場合は、周辺の粘膜を浮き上がらせて広い範囲の粘膜を焼き切る内視鏡的粘膜切除術(EMR)で摘出します。

スネアポリペクトミーでは入院は不要ですが、EMRでは出血や穿孔の可能性もあるため短期間の入院が必要となる場合があります。摘出したポリープの病理学的(顕微鏡)検査が重要です。

ポリープ(腺腫)や粘膜内にとどまる早期のがんは、これらの方法で簡単に治療することができますが、病理検査で病変が深くまで(粘膜筋板を越えて)拡がっていれば、リンパ節転移の危険性が10%前後生じるため外科療法が必要となります。