感染性腸炎

llll.gif

腸内洗浄や腸トラブル

感染性腸炎

急性腸炎には、感染性腸炎が多く、いちばん多い原因は食中毒です

腐った食べ物を摂取することによって起きます。ほかに海外旅行、特に東南アジアなどに行ったときに病気の原因となる細菌の入った生水を摂取して起きることもあります。
また、ペットに付着した細菌が口に入って起きることもあります。

症状・・・原因となる細菌として、O-157などの病原性大腸菌やブドウ球菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオのほか、ボツリヌス菌、コレラ菌、赤痢菌、パラチフス菌などです。
ウィルスは乳幼児の腸炎となるロタウイルスなどです。

 非感染性腸炎は薬剤、特に抗生物質の服用や貝類、キノコ類などの毒素が原因となります。